ウチイダ的ジョブチェンジ.log

独自Webサービスの開発を担当することになった、SE未経験者のたたかいの記録である!

Icons8 Lunacyが便利!フリーソフトで画面カンプが簡単に作れます

どーも、ご無沙汰しておりました。ウチイダです。

6月中頃から急にお仕事の案件数が増えたり、仕様変更が生じた案件のヘルプに入っていたらあっという間に1か月たってしまいました。

 

手が足りなくなるとそれぞれの案件で抜け漏れがちょっとずつ増えて、後々ドツボにハマっていくんですよね。。。

 

さて、仕事の愚痴はほどほどで。ここしばらくの学習の進捗を記録しておきます。

PHP講座はパラパラっとテキストを流して、課題のコードを軽く触って終わりにしてしまいました。

他の人が書いたコードを見るのは勉強になるんですけど、いまいち体にしみこまないんですよね。

頭悩ませて、自分で作るからこそ身になるものがあると思います。

 

なので、自分で何か作ってみることにします。

せっかくPHPを学びなおしたので、LAMPでブラウザベースのなにかを作る予定です。

 

僕は遊びでWebサイトを作るとき、紙と鉛筆で落書きしたあとはすぐコーディングに入ってしまいます。画面カンプとか作ったことないです。

(仕事では、もちろん用意しますけどね…)

 

でも、今回はせっかくなので、いろいろの工程をちゃんと体験してみようかなと思います。

 

問題は、どのソフトウェアを使うかです。

機能設計は表計算ソフトでいいとして、DB設計や画面カンプは専用のソフトウェアがいろいろあります。

 

そして有償のものが多い!!わざわざ買う気にはなれないんですよね…

 

とりあえずは画面カンプを作るためのツールをいくつか調べていたところ、素晴らしいソフトウェアを見つけました。

 

Icons8社が開発している Lunacyというソフトです。

icons8.jp

 

Mac用のデザイン制作ソフトウェアSkechの機能をベースに、Windows向けに開発しているとのこと。

 

使い方はシンプルです。ほかのデザイン系ソフトは触ったことがないのでわかりませんが、
お絵かきソフト(Saiとかクリスタ)をかじったレベルの僕でも普通に使えました。

 

f:id:web-dreamer:20180708204850p:plain

(勝手にロゴ使っていたら怒られてしまうでしょうか)

 

デザインの素人がざっくり画面のイメージを作るのには十分な機能を備えています。

そして、動作軽量でサクサクです。ストレスなし。

メニューが英語なので、最初少しだけ戸惑いはありましたが、難しい単語はないのですぐに慣れます。

 

 

たまに、Unexpected Error が出てきてしまうのですが、開発途上であるということと、無料で使わせてもらっているものなので文句は言えません。

エラーはまあまあ出るのに、ソフトウェアが停止、シャットダウンすることがないのがすごいです。保存してなくて作業内容消えた、といったことがありません。

 

ちょっとだけ不便なのは、テキストボックスに日本語(マルチバイト文字?)が入力できないことです。

 

画面左のオブジェクトツリー(正式名称は知りません)には入力できるし、クリップボードに保持した内容をテキストボックスに貼り付けることはできるので
オブジェクト名称に入力したい内容を入れて、テキストボックス内にコピペして対処してます。

 

あと、たまにちゃんと開けないsvgファイルがあったりします。

Webフォントアイコンのsvgを読み込もうと思ったら、それが開けなかったり。

 

そんな時は、svgファイルが開けるほかのソフトウェア(僕の場合はPowerpoint2016です)で当該ファイルを開いて、

適当に内容を変更(塗りつぶしの色を変えたり)して上書き保存すると、Lunacyでも開けるようになります。

 

なぜなのかはわかりませんけど、とりあえず問題なく動いてます。そのファイルが原因になっていそうなエラーもほとんど生じません。

 

お金かけずに画面カンプを作って遊べそうなので、もう少し触ってみることにします。

そのうち、もう少しまともに紹介記事を書いてみたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(/・ω・)/