ウチイダ的ジョブチェンジ.log

独自Webサービスの開発を担当することになった、SE未経験者のたたかいの記録である!

社内ジョブチェンジの可能性が出てきました

みなさま、お疲れ様です。

4月に入って、新入社員が新たに仲間に加わった会社も多いと思います。

新入社員の方々、ようこそ荒波の中へ。w

 

現職の会社も新卒3名、第二新卒1名が加わりました。

自分よりあとから入ってきた人が増えると、時間の流れを感じます。

無駄に時間を過ごさないようにしたいと思います。

 

新しい環境に身をおく皆さんに幸運ありますよう。

 

僕自信も新しい環境へ身をおくことを考えたりしています。

先月、部門の組織体制について、会社からの素案をつっぱねたら、意外にも見直しを検討していただけました。

 

web-dreamer.hatenablog.com

 

そして先日、見直しされた内容が共有され、意見を求められました。

 

今期の僕の主な任務は、レガシー化した自社サービス(CMSもどき)の改修と新サービスの開発となっていました。

 

数年前からサービス改修の必要性は議論に上がっていて、それがようやく形になるようです。

 

ここ2年ほどは経営的に難しい局面だったらしく、新しいことに手をつけられずにいたようです。

今期、無事にそれを乗り越えたので職務転換を望んでいる若手に任せてみるか、という流れになったとのこと。

 

これを聞いて、転職への気持ちがかなり揺らぎました。

 

転職では未経験扱いになるので、特殊なスキルもポートフォリオもない僕は恐らくSIerの末席に身をおくことになるでしょう。

派遣先ガチャと言われるくらい落差のある業界に飛び込むのはけっこう勇気のいることです。

 

それでも、今のまま面白いと感じない仕事をし続けるよりはいいかなと思っていました。

その「面白いと感じない今の仕事」がITエンジニアらしきものに変わるのであれば、もうしばらくは現職で頑張ってみてもよいのではないかと思います。

 

社内にまともにシステム開発の知見がある人がいなかったり、開発パートナーが設計書も作らない会社だったり、けっこうヤバめな環境であることを差し引いても、このタイミングで上流工程に関われるのはチャンスなのではないかと。

 

とうぜん、社内で教えてくれる人はいないので、積極的に社外で勉強しながら進めなければならず、負荷は高いと思われますが...

 

よくよく考えて、身の置き所を決めていきます。

 

世間では、「仕事が辛いなら環境を変える他はない」などとして転職を勧める例をよく見かけます。

転職は環境を変えられる分かりやすい手段ですが、いまの会社で環境を変えることも不可能ではないはずです。

自分の考えや状況をしっかり伝えたら、よい方向に変わるかもしれませんし。

 

僕は、会社に対して勇気をもって自分の考えを伝えて本当によかったと思っています。

転職というカードは最後の切り札になるものですので、まずは他にできることがないかも考えてみてはいかがでしょうか。

 

皆さまの働く環境がよいものでありますように。

 

それではこれにて。