ウチイダ的ジョブチェンジ.log

独自Webサービスの開発を担当することになった、SE未経験者のたたかいの記録である!

【イベント参加レポート】2月3日:Re就活 転職博

f:id:web-dreamer:20180212204317p:plain
出典:Re就活

 

 

やっぱりプログラミングが好きだと気づいたので、まずは転職の情報を集めることにしました。

 

よくIT系は3K(きつい、かえれない、給料安い)と聞きますが、いまはもう変わっているとも言われています。

 

というか、実態は各社それぞれのはずです。
これはもう、生の話を聞いてみるしかない!

 

企業ごとのリアルな話が聞ける場を求めて、転職イベントに参加してみることに。
たくさんの会社に触れてみて、実際のところを探っていきます。

 

2018年2月3日(土)、ちょうどよいタイミングでRe就活の転職博とDODAの転職フェアが開催していました。
渡りに船とはまさにこのこと。思い切って2つの転職イベントをはしごしました!

 

このエントリでは、午前~日中に参加したRe就活の転職博について、参加レポートとしてまとめたいと思います。

 

夕方から参加したDODA転職フェアの参加レポートはこちら。

web-dreamer.hatenablog.com

 

 

 

イベント概要

新卒・既卒第二新卒に特化した転職サイトRe就活が主催するイベントです。

「未経験者歓迎」な企業が多く出展しています。

大阪や名古屋、福岡などでも開催している、実績のあるイベントのようです。

 

事前予約と特典

事前予約すると、特典として「JCBギフトカード1,000円」がもらえました。
※当日、5社以上訪問した方のみ
※先着入場特典との併用不可

 

事前予約特典の内容や条件は開催回ごとに違うようなので、よく確認しておくことをお勧めします。

 

会場到着~入場まで

転職博の会場は新宿エルタワーの30階、サンスカイルームです。

余談ですが、ここのビルの地下2階にある、ビストロフランベというレストランは美味しいです。ぜひ。

 

開場時間が11時からでしたので、10時50分ごろに会場に到着。

エレベーターで30階に上ると、目の前にエントリーカードの記入台があります。

 

5枚つづりになった複写紙で、これをブースで企業担当者に渡します。
手書きするのが面倒でした…
5社以上訪問するときは、追加で記載する必要があります。

 

f:id:web-dreamer:20180212204922j:plain
エントリーカードはこんな書面です

 

エントリーカードを記載したら一番上のシートを受付で提出して、当日のパンフレットと資料を受け取ります。

また、来場者アンケートに訪問シールを貼る欄があります。

特典の配布条件なので、忘れずにシールをもらいます。

 

資料を受け取って会場に入ると、まだブースのセッティング中のようでした。
ブースのオープンが12時からのようなので、急ピッチで準備をするようです。。。

 

その間、求職者側は会場奥の仕切られたスペース(講演コーナー)へ誘導されました。

 

特別講演

2月3日は、KADOKAWAグループの採用担当の方からのご講演でした。

 

どんな話が聴けるのかなと期待したのですが、よくある採用説明会の内容といった感じ。


KADOKAWAグループの事業内容や仕事のやりがいについて話した後、雇用条件や採用基準などをお話しいただきました。

KADOKAWAグループに興味のある方には良いお話だったのではないでしょうか。

 

同時並行して、仕切りの外側では出展企業向けの説明とブース設営を行っているようでしたので、体のいい「時間稼ぎ」なのだろうと思います。

 

講演終了後、求職者は自由にブースを回るように指示されました。

 

ブース訪問

この日出展していた企業は52社でした。

 

f:id:web-dreamer:20180212205223j:plain
2月3日の会場マップ


そのうち、僕のターゲットであるIT系企業・エンジニアの募集を行っていたのは10社。
午後にはDODA転職フェアに移動するつもりでしたので、10社全てを訪問することはできません。

 

そのため、ある程度優先順位を決めて訪問を行うことにしました。

 

今のところの希望は、

①Web系のシステムの開発を行えること
②自社サービスを開発運営していること

の2点なので、業種に「インターネット関連」と記載のある企業から訪問することに。

 

しかし、ブースを移動する間に猛烈な呼び込みを受けます。

 

各社の採用担当の方のにこやかな「こんにちは」に、思わず返事や会釈などしようものなら「ぜひお時間ください」「話だけでもどうでしょう」とアピールされます。

 

結局、勧誘に負けてあまり興味のない企業の話も聞くことに。

 

お邪魔したブースが中小やスタートアップ企業だったので、理念や思いの強さを感じました。

でも、仕事のつらいことなんかも突っ込んで聞いたら教えてくれたので、面白かったです。
選考はお断りしましたが、なんとなく元気をもらいました。

 

5社回った段階で移動の時間になりました。

結局、そのあと呼び込みされて6社目訪問したのですが、それは運営スタッフの方からの強いオススメでした。

「IT系で探してます」と一言伝えたら、おすすめ企業のブースまで案内されてしまい…
スタッフが会場内を良く把握しています。運営力がすごい。

退出

シールを張ってもらった来場者アンケートと、別団体からのアンケート2通に回答し、出口にて提出します。

先着来場の特典として、 「JCBギフトカード1,000円」をもらいました。

 

転職・就職相談コーナー

僕は時間の関係上利用できませんでしたが、キャリアコンサルタントの先生にアドバイスをもらえるコーナーが設置されていました。


キャリアコンサルというと転職エージェントなどのイメージが強いですが、自身の営業成績に関係ない、中立の立場からアドバイスをもらえるのは良いかもしれません。

 

次回、機会があれば利用してみたいと思います。

 

全体の感想:未経験者・若手にやさしい、参加しやすい雰囲気のイベント

主催のRe就活が「若手社会人・第二新卒のポテンシャルに期待する様々な業界・職種の企業が多数出展する転職イベント」と銘打つとおり、出展企業の採用担当の方が丁寧に対応してくれます。

 

個別面談形式で進める企業のほか、 時間を区切って事業説明・採用基準の説明を行っているところもあります。

 

新卒学生の採用活動のように自社が属する業界の説明をしているところもありました。

業界未経験で、まずは業界に関する知識や情報を収集したい方にとっては、よい機会になるでしょう。

 

また、出展企業だけでなく運営スタッフの方も頼りになります。

出展企業数が多すぎず、会場が小さめなもあってか、スタッフの方が参加企業をよく把握していました。

 

検討中の業界や職種を伝えると、すぐに該当する企業のブースまで案内してくれます。

自分からブースに飛び込む勇気が持てないひとにはありがたいかも。

 

なお、出展企業の傾向として、大手企業よりも中堅・中小やスタートアップなどが多い印象です。

隠れた優良企業を見つけることができるかもしれません。

 

出展企業はどこも面接にかなり積極的で、ブースを立つ前に面談の予定入れてほしいと言われます。

僕も結局、断りきれずに一社の面接の予定を入れることになりました…

 

そんなにすぐ転職するつもりはありませんが、面接は場数を踏んでおいて損はないはずです。

練習の場を増やすためにも、イベントで応募先を増やしておくと良いかもしれません。

 

以上、Re就活の転職博の参加レポートでした。

転職をお考えの方、参考になりましたでしょうか。

 

DODA転職フェアの参加レポートも投稿しましたので、良ければそちらもご覧になってください。

 

【イベント参加レポート】2月3日DODA転職フェア - ウチイダ的ジョブチェンジ.log

 

転職活動中のみなさまに合った仕事が見つかりますよう。

それではまた!