ウチイダ的ジョブチェンジ.log

独自Webサービスの開発を担当することになった、SE未経験者のたたかいの記録である!

今更過ぎる自己分析をしています

みなさま、お疲れ様です。

昨日はごちゃごちゃと悩みましたが、このまま考えているだけではらちが明かなそうです。


自分が一体どうしたいのか、この先に向けて一歩を踏み出していくためのヒントを集めていこうと思います。

 

というわけで、安直ですが改めて「自己分析」なるものを試みています。
新卒での就活のとき以来です。そのときは真剣に取り組まなかったのですが、いまなら本気で取り組めそうです。

 

調べてみると、分析の手法って色々あるんですね。
SWOT分析、自分史、ジョハリの窓マインドマップなどなど…
とりあえず情報収集して、片っ端からやっていこうと思います。


こういうのは数こなしてみてしっくりくるのを探すのが良いのですよ。
僕が今得たいのは内定じゃなくて、自己信頼感なのですから、しっくりくるものが一番です。

 

明日から順次取り組んでいこうと思います。

 

それでは、来週も頑張りましょう。

26歳、この先の不安について

みなさまお疲れ様です。

今日でめでたく26歳となりました。
人生100年といわれるこの時代、第1クォーターをのりこえました。
ここまで多少の紆余曲折はあれど、幸せに生きてこられたことに感謝です。

人生の第2クオーターには多くのライフイベントが待ち構えています。結婚、子育て、仕事や出世、地域社会とのかかわりなどなど…
一人の人間として、社会人として取り組んでいかなければならないことがたくさんあります。

よく言われることではありますが、いかに生きるかということとどんな仕事をするかは不可分の問題です。
僕自身も社会人の末席に加わって、改めてそのことを実感しています。

今は民間企業の会社員として働いていますが、これから先への不安感はぬぐえません。
ずっと今の仕事をしていていいのか。
自分の能力を伸ばして、適切にキャリアを積んでいけるのか。
お客さんに価値を与えることができているのか。
そもそも今の会社がきちんと存続していけるのか。

今の勤め先に大きな不満はありません。一緒に働いている人たちのことも好きです。
お客さんも優しい人が多いですし、本当に理不尽な要求もありません。

でも、成長の実感はないのです。去年も今年も、同じような仕事の繰り返しです。
若造が青臭い、甘っちょろいことを言っている自覚はあります。
仕事というのはどんなものでも、地味でつまらない作業の繰り返しだということも理解しているつもりです。

それでも、このままずっと同じ仕事を続けていてよいのか自信が持てません。
同じことを続けていれば上達を感じたり新しいアイデアがわいてきたりして楽しくなってくるものと思うのですが、
いまのところそれがまるきり感じられません。

僕は高望みしているのでしょうか。天職などというものは見果てぬ夢なのでしょうか。
自分にもっと向いている仕事があるのではないかと思ってしまうのは、甘えた考えなのでしょうか。

もうしばらく頑張って続けたら、仕事の面白みがわかってくるかもしれない。
だからもうちょっとやってみたほうがいいのかなとも思います。

でも一方で、うまくいくかわからない無謀な挑戦ができるのも、この1,2年なのではないかと思っています。
とりあえず目の前の仕事を頑張ればいい、というのは思考停止なのではないか。
若さが武器というのは個人的にあまり好きではないのですが、それを否定もできないわけで…

何かしなければならないという焦りはあるものの、何をしたらいいのかわからないのです。
根本的には、自己信頼感を持てていないのが問題なんですよね。決断ができないのです。
もやもやした悩みを抱えた、26歳の誕生日でした。

明日は出勤ですので、とりあえず就寝します。
みなさま、よいクリスマスを!